にむらカイロプラクティック

症例報告

骨盤の記事一覧

腰から下肢に出ている痛みとしびれ

来院者様のお悩み

30代 男性 会社員   主訴…腰から下肢にかけての痛みとしびれ

特にいつもと変わらない日々を過ごしていたが、ある日突然、腰がピリピリとした感覚になり次第に、お尻がしびれて下肢にも繰り返す激痛としびれが出てきました。病院に行って画像検査を行い、結果は『異常なし』ということで尾てい骨の所から『ブロック注射』をして鎮痛剤と湿布を処方され帰宅しました。ところが状態が全然変わらず別の病院へ。そこでも検査は『異常なし』今度はお尻の二箇所にブロック注射をしました。案の定何の変化もなく、保険の効く治療所でマッサージをされるも帰宅後、更に痛みが増してしまいました。もう座っていても寝ていても何をしても楽にならない状態でした。こういう経過をたどって来院されました。

にむら院長より

こういったケースでお困りの方は非常に多いと思います。これは典型的な『トリガーポイント』の症例です。
画像にも写らない、鎮痛剤も効かないという困ってしまう状態ですね。この方は病院や保険の効くマッサージを経て来られたので、何の疑いもなくピンときました。

結局、この方の症状の原因は毎日の仕事での『不良姿勢』が蓄積して、ある日一気に爆発したという事です。
骨盤と腰椎の間で捻じれを起こして、結果お尻と下肢の神経の流れが停滞し、筋肉が栄養不足になっていました。
片側の太ももの筋肉も委縮していたので、相当長い年月をかけて作り上げていたと思われます。幸いにも、『精神的ストレス』が無い方でしたので3回の施術でスッキリ痛みが消えました。日々の姿勢は気をつけたいものです。

どこに行っても改善しない全身症状

来院者様のお悩み

30代 女性 主婦   主訴…頭痛、首の痛み、股関節周りの痛み
痛みが徐々に出てきて、最初は健康保険の適用の治療所でマッサージなどを受けていたが、痛みがマシになってこないが気休めで通院していました。育児と家事におわれる毎日で、気力で頑張っていたがとうとうどこに行っても痛みが治らず紹介にて来院。日常生活にも支障が出ていました。

にむら院長より

30代の女性は育児・家事と気が休まる時が無い状態にあります。そして神経が高ぶって様々な症状が現れます。
まずは、頭蓋骨調整で自律神経の調整をして組織を落ち着かせました。それだけでも、首や肩が緩まります。
あとは細かい部位の硬い関節や筋肉にアプローチしました。忙しい毎日の積み重ねで、自律神経が参ってしまった様子の症状でした。ひどくなる前に、皆様も心と体のケアを!!

腰・おしり・下肢の激痛

来院者様のお悩み

60代 男性 無職  主訴…腰から足首にかけての痛み

1週間前に、片側の腰から足首の範囲に激痛があるという事でした。病院で検査を受けたが、これといった原因は見つからずに、湿布薬と鎮痛剤をもらい帰宅しました。鎮痛剤と湿布薬も効かずに段々痛くなり色々と治療を受けるが改善せずに紹介にて来院されました。

にむら院長より

最近多いのが、退職後に歩き過ぎて筋肉が硬くなりすぎ、痛みを訴える男性が増えています。この方もよく歩くようで結局は『筋肉』でした。股関節周りの筋肉が、『トリガーポイント』を作り下肢に痛みを出していました。
筋肉の発作が治まるのに数回かかりました。自力歩行も出来るようになり日常生活を取り戻されました。

体のケアの大切さが身に染みられたようで、今も『予防施術』に来院されています♪