東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

『旅行に行きたい…』でも膝が痛い…その夢叶えてみましょう♪

膝痛を治す前に読んでください♪

いつもご覧いただきましてありがとうございます。東大阪市の『筋膜リリース整体院』にむらカイロです(^O^)♪

さて、今回は『膝』について書いてみたいと思います。多いですよね膝の痛い方…。皆さん膝のどこが痛いと思いますか?骨が痛いのでしょうか?どこが痛くて皆さんお悩みなんでしょうか??

まずは膝の模型を見てみましょう♪



左の写真は両方の膝が写っています。右の写真は左膝をズームアップした写真です。大腿骨と脛骨(スネの骨)と膝蓋骨(おさらの骨)の3つで膝は構成されています。レントゲン画像で見た方も多い事でしょう。
各骨の関節の表面は『軟骨』があります。『変形性膝関節症』はこの軟骨がすり減る事により膝の角度が変わってしまい痛みが出ると一般的には言われています。

私も整形外科に勤務していましたが、まぁ膝痛の患者さんは多かったです。そして決まって膝に注射をします。しかし、効く人効かない人があるのは何故でしょう?しかも最初は効いたのに2回目は効かないなんて人もいてました。これも不可思議ですよね?注射が膝痛に有効ならばこんなに膝で困る人は増えないはずです。しかも何年も打ち続けて結局手術する人…皆さんはどう思います??(※これ以上は語らないようにしよう)

我々の手技の施術では『体全体のねじれ』を一番重視します。全体が捻じれると膝も捻じれますよね。そして膝の周りの筋肉が引っ張られて縮んで痛くなります。筋肉・筋膜を緩めれば『あれ??膝の痛みがなくなった』なんて事は日常茶飯事です♪

補足でサプリメントの話。『グルコサミン』『コンドロイチン』などが膝の軟骨を修復していると思いますか?答えは『修復できません。』です。なぜか?それは『軟骨にはほぼ血管がない』からです。サプリメントは飲むと消化分解され『血流』で運ばれます。血管のない軟骨にどうやったら届くのでしょう?一生届きませんよね?なので軟骨は一度無くなると再生しないのです。(再生医療が普及するとわかりませんが…)
なので、軟骨が無くなり骨同士がぶつかりだすと激痛ですので『人工関節』を入れるわけです。しかし、そうならないようにする為には、『体のバランス』が一番大事なんです。注射をしても薬を飲んでも捻じれは取れません。膝痛で病院に行かれている方のほとんどは手技で改善する人達だと病院勤務時代は毎日感じていました。皆さん気付いたら手術なんて事にならないようにしてくださいね(^_^)/~


東大阪市の『筋膜リリース整体院』
にむらカイロプラクティック
東大阪市菱屋東1-6-11
072-965-2177