東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

精神的ストレスは右半身に現れます

大阪府東大阪市【筋膜リリース整体院】にむらカイロプラクティックです(^O^)

『精神的ストレスは右半身に現れます』
いきなりですが、筋膜を研究・探求してきた報告をします(=゚ω゚)ノ

昨年からの新型コロナによる『自粛ストレス』皆さんかなり蓄積しています。

心配・不安・憂鬱・怒り』『楽しい事がすべて禁止』と精神的ストレスにより体内に発生した不要な熱が各症状として『夏=デトックス時期』に入り顕著に現れています。

右半身が固まり、
『頭痛』『めまい』『ギックリ腰』『下痢症状』『右下肢の不調』『自律神経症状』などが多くなっています。

精神的ストレスが体の右側に出る理由

ポイントとなる臓器は『肝臓』になります。
肝臓は体の中央~右側に位置している臓器です。
肝臓は『血液の貯蔵庫』としての役割があります。要するにガソリンを蓄えているタンクですね。
人間が動く為には『血』が必要です。動くだけではなく、思考を巡らしたり精神的ストレスを感じた場合にも身を守る為に『血』を消費します。
その肝臓に負担がかかり、反射で右半身の筋膜が固まってしまいます。
筋肉・筋膜は脳・内臓の反射で固まります(=゚ω゚)ノ

夏は『不要な熱』をデトックスする季節

自然の流れとして、
・『秋・冬』→『種蒔き時期』
・『春・夏』→『芽吹く』『グングン成長する』
というサイクルがあります。
人間も自然の中の一部分です。春が来たら桜が花を咲かせる、彼岸が来れば彼岸花が咲くのと同じで春夏秋冬の影響(恩恵)を受けて生きています。
夏は蓄積してきた不要な熱を吐き出し、種蒔き時期である秋冬を迎えます。
夏の間に蓄積した不要な熱を吐き出せないまま秋を迎えると色々と良くありません。

コロナによる精神的ストレスが強烈に蓄積してますから、今年の秋には『吐き気が止まらない』『呼吸器症状』、冬には『うつ病』『パニック障害』など神経内科的な症状が例年以上に多くなるのではないかと懸念しています((+_+))

こんな世の中ですが、楽しむ気持ちは忘れずに乗り越えましょう♪


筋膜リリース整体院
にむらカイロプラクティック
東大阪市菱屋東1-6-11
072-965-2177