東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

症例報告

腹部の激痛&便秘の症例

症例報告

来院者様のお悩み

40代 男性 会社経営
主訴→腹部の激痛、便秘
昨年末にみぞおち付近に痛みがあり、胃酸が逆流するような症状が出てきた。病院に行かずに薬の服用でしのいでいた。最近になって定期的に腹部に激痛が現れて暫くは鎮痛剤を服用していた。次第に便通も悪くなり病院へ。診察にて『腸閉塞の疑い』という事で精密検査をしたが異常は何もみられなかった。どうする事も出来ずにまた鎮痛剤で誤魔化す始末。めまい、耳鳴り、睡眠が浅くなり、たまらず紹介にて来院されました。

にむら院長より


検査を受けても異常が見つからない場合、それは病気ではなく未病の段階です。筋肉&筋膜の症状になります。この方の場合、施術すると頭蓋骨の正常な動きが停止して、内臓の『膵臓』『肝臓』の正常な動きも停止していました。それらが、めまいを起こす筋肉や腹筋などを異様に固めてしまい症状が現れていました。施術後、よく眠れるようになり、ガスもよく出るようになって3日後には便通が復活した様子です。まさか筋肉&筋膜の状態が悪くなると様々な症状が現れるなんて思われがちですが、本当に筋肉&筋膜は大切なのですよ(^^♪