東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

症例報告

足の指の痛み

施術部位

症例報告

来院者様のお悩み

40代 男性 自営業
主訴→足の母指と第二指の間の痛み

この方はいつも月一回のメンテナンスにお越しのクライアント様です。今回は足の母指(親指)と第二指(人差し指)の間が痛いとの事でした。

にむら院長より


今回は足の指の間の痛み。ご本人も『足を揉んでも何しても痛みが取れない…』と言っておられました。結果から申し上げますと、『足の伸筋支帯(しんきんしたい)』が原因でした。骨格・筋肉・筋膜はそれほど関与してない症状でした。『伸筋支帯』とは足首の全面にある結合組織で、その下を走る下腿の伸筋の腱を運動時に浮き上がらないように押さえている『バンド』の役割をしているものです。これがある事により効率よく筋肉の力を指まで伝える事も出来ているのです。今回はその『伸筋支帯の癒着』が足指の症状を引き起こしていました。筋膜リリースではこのような組織までを簡単にリリースして症状を取り除いていく事ができます。