東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

筋膜が原因で心臓症状⁉︎

アラフォー以上が駆け込むカイロプラクティックです♪

大阪府東大阪市の【筋膜リリース整体院】にむらカイロプラクティックです。
今年はエネルギー不足の疲れた人が多く、春が本番になるにつれて『筋肉・筋膜の発作』症状が増えております( ;∀;)
今回ご紹介するのは『筋膜が原因の心臓症状』です。
内科的な症状と筋膜は関係ないと皆さんは思われていますが、実は関係しているのです。

症例

60代 男性 会社経営
主訴→胸が痛くなり動悸がする
経緯→いつもお忙しく飛び回られている方で仕事の合間にメンテナンスに不定期にお越しになられているのですが、暫く忙しくメンテナンスの間隔が大きく空いておりました。急に胸が痛み、動悸がするために病院へ行き心臓の検査を受けられたところ『検査はまったく異常なし』という結果でした。しかし、心臓の症状が現れる…。
『これは筋膜や!』という事で久しぶりに来院されました。

どのような状態になっていたのか??

いきなり結果からの説明になります(^_-)-☆
左図に●が付いているのが『胸骨筋(きょうこつきん)』です。この筋肉が最終的に発作を起こしていたという事です。いわゆるトリガーポイント発作と呼ばれる状態です。
しかし胸骨筋が単独で発作を起こしたわけではなく、胸骨筋を他の筋肉が引っ張り続けた事が発作をつくる要因になります。胸骨筋が元の柔らかい状態になると発作は治まります。
不思議ですよね??胸の前の筋肉の状態が悪くなると脳は『心臓がおかしい』と判断して内科的な症状を出してくるのです(;゚Д゚)

耳の周りの筋膜が…!?


耳の周りをクルッと囲うように筋膜が走行しています。耳の真下で『首の前・後ろ』の筋膜同士が合わさります。
首の前は胸に繋がり、首の後ろは背中に繋がります。
耳の周りがキュッと縮むと首全体を上に引き上げてしまいます(;゚Д゚)
重力に逆らっているように感じますが、筋膜の引っ張りに重力は関係ないのです

体の前V.S.体の後ろで綱引き大会


首の前後が耳に引き上げられると胸の前『胸骨筋』は四方八方から引っ張られて被害を受けてしまいます。
自身の体が四方八方から引っ張られるのをご想像ください。
かなり辛いですよね( ;∀;)痛くて泣いてしまいそうですよね。
今回の症状は『胸骨筋』が被害を受けて泣き叫んでいたという事になります。

まとめ

ここまでの症状になるのはやはり『忙しくし過ぎて体が悲鳴をあげている』事が原因です。
自律神経が長時間興奮していた、そのダメージが筋膜を徐々に縮んで発症したのです。
更に、今年は昨年の疲れを持ち越している人がほとんどで、ハッキリ言って皆さん体が過労気味なのです。昨年の蓄積+最近の蓄積のダブルパンチという体からすると耐えきれない状態が降りかかると筋肉&筋膜は発作を起こします( ;∀;)

施術後の状態

丁度前回の施術から3週間後に時間が合い来院されました。
私:『前回の施術後は動悸や胸の痛みありました??』
男性:『全然出てない。』
という事でございました(^_-)-☆


【筋膜リリース整体院】
にむらカイロプラクティック
大阪府東大阪市菱屋東1-6-11
TEL(072)965-2177