東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

秋が近づき、『吐き気が止まらない』症例。

大阪府東大阪市の【筋膜リリース整体院】にむらカイロプラクティックです。

お久しぶりの投稿です。やっと少しブログを書ける時間が出来ました(^^♪
季節が秋へと変わるこの時期、毎年多い症例が『ずっと吐き気が止まらない』という症状(=゚ω゚)ノ
検査を受けても『異常なし』。でも吐き気は絶えず感じる…。薬もイマイチ効果なし…。
これはどういう事なのか??筋膜リリース整体でご説明致しますっ(=゚ω゚)ノ


症例

50代 女性 会社員
主訴→ここ一週間くらい吐き気が止まらない。

この方は普段メンテナンスで来院されている女性。いつも仕事と家事を頑張り過ぎている生活を送っています(※ご本人はそれが普通に感じてらっしゃる)。当院でも2週間~3週間の間隔でお越しいただいています。毎年この時期にはこの症状を訴えられます。しかし、今年は猛暑のダメージの影響か?少し時期が早めでした(*ノωノ)

吐き気のメカニズム



①まずは、みぞおち付近の筋肉&筋膜が固まっています。これは消化器の反射で出来上がります。今年は猛暑というだけで固まっています。肝臓側の右半分が固まっている場合、胃側の左半分が固まっている場合、両側固まっている場合など人それぞれの状況で固まります。

②右の胸腰部付近に硬い部位が出来ると『吐き気』のトリガーポイントになります。この部位は『大腸』の反射で出来上がります。ここが単独で固まると『膨満感』『ガスが溜まる』などの症状が出やすくなります。

③最後に、①&②の塊がお互い綱引き状態になってしまうと『吐き気が止まらない』という症状になってしまいます(+o+)それぞれの筋肉&筋膜の塊が緩まない限り吐き気が続きます(;゚Д゚)

まとめ

このような症状が出る原因とは、
・頑張り過ぎてエネルギー不足な人
・冷たい飲食物を多く摂っていた人
・暑さでへばっている消化器に油ものを多く摂取していた人
・過去のストレスですでに硬くなっていたみぞおち付近が異常収縮してしまった人

などなど、今年は猛暑の影響で腹部の筋肉&筋膜がガチガチに皆さんなっています( ;∀;)
こういった状況でお悩みの方は是非ご参考にしてくださいね(^_-)-☆


【筋膜リリース整体院】
にむらカイロプラクティック
大阪府東大阪市菱屋東1-6-11
tel(072)965-2177