東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

緑内障予備軍には筋膜リリース&頭蓋骨調整で効果あり♪

緑内障予備軍の人が多くなっています

【緑内障とは??】
緑内障は網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、特徴的な視神経の変形と視野異常(視野欠損)を呈する。基本的には現時点では一度喪失した視野は回復させることが困難なため、失明の原因になりうる。日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっている。視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須である。
かつては眼球の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていたことから、眼圧を下げることで視野障害の進行を停めるという方法をとる。眼圧を30 %低下させることにより正常眼圧緑内障において80 %の患者において視野障害の進行が停止したという報告もある。しかし、眼圧が正常範囲であっても緑内障に罹患している患者が多いことが確認され、現在は視神経乳頭の脆弱性が緑内障の原因として考えられている。
喪失した視神経の回復は困難であるが、近年はこれを再生する研究も行われている。

症例1

40代 女性 パート
主訴→首の付け根あたりのシビレが治らない

最初は『シビレ』を治したいという事で来院されました。
問診では、
『今、緑内障の一歩手前で眼科でレーザーで治療したり点眼薬を使用してます。』という情報もいただきました。
もちろん、当院は緑内障を治すなどとは謳っていません。ただこの方の『緑内障予備症状』が筋膜リリース&頭蓋骨調整で改善した内容をお伝えいたします。



まず目に関係する頭蓋骨の説明です。写真は頭蓋骨の模型です。わかりやすく色分けしていますが、黄色の骨が『蝶形骨』という骨です。下から見るとまるで蝶々のように見える事から名前がついています。正面から見ると、少し切れ目が入っていますがそこを眼球にいく神経・動静脈が通過します。要するに、蝶形骨の動きが止まっていると眼球を養う大切な流れが止まってしまうのです。

施術方法

施術は頭蓋骨の正常な動きを回復するように『クレニオセイクラル』を行います。そして頚部の筋肉・筋膜を緩めるために『筋膜リリース』を行います。
この方はもちろん首のシビレを訴えていましたので、それに対して施術をしました。
4~5回施術を受けていただいたあとくらいに、ご本人から『首のシビレが治ると同時に、目の状態が改善しました。目薬も忘れるくらいです。』と喜びのお声をいただきました。
手技の世界なら首と頭蓋骨を改善すれば、感覚器である『目』『鼻』『耳』などの症状が組織が変性していない未病段階なら改善するのは経験則からよくある事なのです。
まぁ、『首は万病のもと』とも言えますね(^^)/

今ではこの方も月一メンテナンスで良い状態を維持されています(^^♪