東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

『病気にならないように』と思っていても病気になる日本人。

『豊かな先進国』で生活するという事…。

久しぶりにブログ更新です(^_^;)ついついサボり気味に(._.)

今回のテーマは『欲との戦い』という内容です。
なぜ、このテーマか??それは最近の施術をしていて色々と『死』について考えさせられたからです。

今年の夏は非常に暑かったですね(+o+)
暑かったんで皆さん『冷たいもの』をいつもよりたくさん食べたり、飲んだりしませんでしたか??
私もいつもより口にする事が多かったと思います(^_^;)反省…。

夏から秋に移る頃から来院されている皆さんの『症状の変化』がおかしくなりました(+_+)
急に発作のような症状を訴える方が続出…。
そして決まって胃の裏にあたる背中の部位が硬くなっている人が多かったです。

要するに『夏の胃の負担』が筋膜に現れているのです(+_+)
そして年齢により体表面上だけの症状or内臓に影響がある症状なのかが分かれていました。


夏過ぎからいつも元気な67歳の父親が体調を崩しました(>_<)
なんと肺の下に水が溜まり、心不全の一歩手前になってしまいました。
幸い私がこういう仕事をしてたこともあり、入院もせずに完治しました(^^)

原因は『冷たい物』の飲み過ぎが原因でした(>_<)
昔から油っこいものが好きでこの歳になっても暴飲暴食をしていた結果です。

来院されてます60歳以上の方でも今年は『冷たい物』を摂り過ぎたり、『睡眠不足』『過労』などが負担になり、内臓がらみの痛みが現れて数人の方に病院で検査を受けるように伝える事が多かったです…(._.)

寿命は段々延びてきていますが、人間の身体の耐久年数は今も変わらず『約50年』です。
昔は食糧不足で亡くなっていましたが、現代は『豊か過ぎる日本』!!
逆に食べ過ぎ・飲み過ぎで内臓に負担をかけて病気になっておられます。
欲との戦いの時代と言ってもいいかと思います。

なんでも適度にしとかないと怖いですねぇ~(^_^;)