東大阪にある「健康の大切さ」をテーマにしたカイロプラクティックです。

日記

流行の『トリガーポイント』…知らなきゃ損するぜ…。

まだ聞いた事がない??『トリガーポイント』

いつもご覧いただきありがとうございます♪東大阪市の『筋膜リリース施術院』にむらカイロです!(^^)!
梅雨ですね(^o^)丿湿度が高い時は、症状が出やすくなります(>_<)体調管理にお気を付けください(^O^)

いきなりですがトリガーポイントという言葉ご存知でしょうか??何回かブログでも書いたことがあるのですが今回は少し細かく書いてみたく思います(^O^)♪

トリガーポイントとは、誰しもが体のどこかに持っていて潜伏しています。普段は痛みを発しないのですが、押すと痛む圧痛点でありそこには硬結(※筋肉・筋膜の塊)がある状態を言います。押すと痛みを感じる場合はまだひどくはなっていないのですが…、それが『発作』を起こすと押す押さないに関係なく別の場所に関連痛を出し続けます(>_<)ヒーッ!!


左図がその関連痛になります。これは『小殿筋』という股関節の所にある筋肉のトリガーポイントが『別の場所に痛みを飛ばしている』図になります(>_<)
どうです??まるで『ヘルニア』の坐骨神経痛のような症状ですね。この状態はよくヘルニアと間違われてしまう症状なんです(>_<)私も昔に草野球でこの『小殿筋』を傷めてしまいどこで検査を受けても原因がわからず、どんな治療を受けても治らなかったという経験があります(-_-;)

トリガーポイントは生きている限り体に出来ていきます(^_^.)痛みだけでなく、しびれ・灼熱感などを感じたり偽・内臓症状なども引き起こします(>_<)こういう状態を施術で無くしていくという事を当院の『メンテナンス』で来院されているクライアント様には行っています。

トリガーポイントが減っていくと皆さん『体質』が変わっていきます(^o^)丿体の痛みが消えるのはもちろんの事、例えば毎年春先に湿疹が出ていたのが、今年の春は初めて出なかったなどなど(^O^)本当に体のケアの大切さを痛感致します!(^^)!

トリガーポイントが出来る原因として、
①筋膜が縮んで元に戻っていない(※伸縮性の欠如)

②筋紡錘(※筋肉にあるセンサー)の誤作動が続いている

③精神的ストレス(※これが一番多いかも…)

④生活習慣での姿勢(※長時間のスマホいじり・パソコンなど)
という事が考えられます(>_<)

一番皆さんが不安になるのが、この状態は各検査に引っかからないという所。病院などで検査をしても異常がないなどの場合はトリガーポイントの疑いがあります(^o^)丿ぜひ、知識として頭の片隅に置いててください。不安が減ると思いますよ(^_^)/~


東大阪市の『筋膜リリース施術院』
にむらカイロプラクティック
東大阪市菱屋東1-6-11
072-965-2177